2泊3日スペシャルモニターキャンペーン

Audiで快適なサマードライブに出かけよう。
2泊3日のAudi試乗体験を、ご応募いただいたお客様に抽選でプレゼントいたします。
2018年9月1日(土)-

キャンペーン詳細

■キャンペーン期間
  2018年09月01日(土) -
■キャンペーン当選者数
  合計10名様
■キャンペーン対象賞品
  2泊3日スペシャルモニターキャンペーン
■対象店舗
  Audi 東大阪 / Audi和歌山 / Audi りんくう / Audi 練馬 / Audi 新宿
■キャンペーン対象者
  Audiを試乗予約された方

おすすめドライブコース(1日予定)

<首都圏地区>
【海と絶景カフェを楽しむ九十九里浜ドライブコース】

<首都圏地区>
【海と絶景カフェを楽しむ九十九里浜ドライブコース】

東京駅

 ↓ 1時間19分、79.5㎞

九十九里浜

 ↓ 36分、23.1㎞

カフェGAKE

 ↓ 1時間30分、80.4㎞

東京湾アクアライン

 ↓ 1時間4分、35.0㎞

台場公園

 ↓ 20分、7.6㎞

有楽町

 ↓ 8分、1.3km

ダイワロイネットホテル銀座

<関西地区>
【涼しげな自然と夜景を楽しむ東山ドライブウェイコース】

<関西地区>
【涼しげな自然と夜景を楽しむ東山ドライブウェイコース】

京都駅

 ↓ 28分、8.6㎞

西芳寺

 ↓ 12分、3.2㎞

嵐山公園

 ↓ 49分、20.4㎞

貴船神社

 ↓ 53分、17.3㎞

東山ドライブウェイ

 ↓ 6分、2.1㎞

将軍塚

 ↓ 14分、5.3km

ダイワロイネットホテル京都駅前

キャンペーン応募資格

※貸出当日の店舗営業時間内に車両を返却いただける方。
※20歳以上の方で、普通自動車免許取得後、1年以上経過している方。
※試乗車の保管場所を確保いただける方。
※ご試乗後、簡単なアンケートにお答えいただき、その内容を広告等に利用することを了承いただける方。

Audi Q2 3Day Summer Drive 注意事項

※施設により定休日が異なりますので、ご出発の前に必ずご確認ください。
※試乗車には限りがございます。ご希望に添えないこともございます。
※試乗車の受け渡し・ご返却は、貸出店舗にてご本人様に行っていただきます。また、受け渡し・ご返却は、店舗営業時間内となります。
※試乗車のガソリン代はお客様のご負担となります。
※試乗車には対人・対物保険が付保されていますが、交通違反やお客様の過失による事故や車両毀損により保険が適用されない場合、損害を補償いただく場合があります。なお、保険適用の場合はお客様による免責額のご負担が必要となります。あらかじめご了承ください。
※お客様の個人情報は貸出店舗にて適切に管理させていただきます。業務委託先以外の第三者に開示する事はございませんのでご安心ください。


Audi Q2がなんと月々15,000円から乗れる

お支払い例 Audi Q2 1.0 TFSIをご購入の場合


車両本体価格(消費税込み)2,990,000円


Audi Sローン:3年36回ボーナス払い併用の場合


特別低金利(実質年率2.99%)
   
月々のお支払金額(2回目以降/34回)
  15,000円
初回お支払金額
  17,985円
頭金
  1,100,000円
ローン対象金額
  1,890,000円
ボーナス月加算金額(6回)
  90,000円
措置金額(車両買取を保証するものではございません)
  950,000円
お支払総額
  3,117,985円

※2.99%(実質年率)は、Sローン/リース36回払いまで適用されます。
※表示の価格は2018年7月現在の車両本体価格(参考本体価格)であり、標準工具一式が含まれます。
※オプション装備価格、付属品価格、保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う諸費用は含まれておりません。
※審査の結果、お客様のご希望に添えない場合もございます。
※据置金額は車両買取を保証するものではありません。
※ローン提携会社アウディファイナンシャルサービス
※リサイクル料金が別途必要となります。
※本仕様・価格ならびに本内容は予告なく変更する場合があります。詳しくはAudi正規ディーラーにお問い合わせください。

Audi Q2の特徴



緻密なパッケージングと街中にフィットするサイズ


外観の印象を上回る広く使いやすい室内空間

外観の印象を上回る広く使いやすい室内空間

全長4,200mm、全幅1,795mmというAudiのSUV史上最もコンパクトなボディを持つAudi Q2ですが、丁寧に煮詰めた設計によってその室内空間はひと回り大きなボディを持つAudi Q3にも通じる居住性の良さと広い室い内空間を手に入れました。また、5名分のシートスペースの背後には通常時405ℓ、最大1,050ℓという容量を確保。リアゲートの開口部は大きく、ラゲッジスペースの床面は低く抑えられているため、大きな荷物を出し入れする際の負担も軽減してくれます。

切り返しの多いシーンで活きるステアリングシステム

切り返しの多いシーンで活きるステアリングシステム

5.1mという抜群の最小回転半径に加え、ハンドル操作が楽になるプログレッシブステアリングを標準装備することで、抜群の取り回しを実現しました。このシステムはゆるやかなカーブや車線変更等の小さなハンドル操作では、穏やかで安定感のある操舵特性を持ち、狭い曲がり角や駐車時、曲がりの大きいカーブ等での大きなハンドル操作では、操舵特性がクイックになり、ハンドルの操作量を減らすことができます。これにより車庫入れなど多くの切り返しを必要とするシーンでも、容易に車両のコントロールをすることができます。

街中で活きる取り回しの良いコンパクトボディ

街中で活きる取り回しの良いコンパクトボディ

SUVの高い車高には、良好な視界、路面と接触しにくい、乗り降りしやすい、といったメリットがありますが、立体駐車場の高さ制限が気になるなどの悩みも抱えていました。しかし、Audi Q2は全高を1,500mm*とすることで立体駐車場の高さ制限をクリア。また車幅1,795mmのサイズと5.1mという抜群の最小回転半径によって、細かなハンドル操作が求められる街中のドライブや車庫入れ、縦列駐車のようなシーンにおける扱いやすさも実現しました。

* MMIナビゲーションシステム装備車の場合(+30mm)

次代を先取るAudiの革新的テクノロジー

安全で快適なカーライフを実現する充実の先進装備

安全で快適なカーライフを実現する充実の先進装備

Audi Q2は運転支援機能や安全装備も疎かにしていません。アダプティブクルーズコントロール*1は、約0-200km/hで走行中にレーダーセンサーが前走車との距離を検知し、車間距離を一定に保って走行します。アウディプレセンスフロント*2は、約10-250km/hの速度域で車両を、約10-65km/hの速度域では歩行者も検知し、衝突の危険がある場合にメーターパネルの表示や警告音によってドライバーの注意を喚起。状況に応じて自動的にブレーキ操作を行います。これらをはじめとした先進のドライバーアシスト機能により、Audi Q2は様々な側面から乗員や歩行者を守ります。
その他、駐車時にモニターで周囲の状況を確認できるアウディパーキングシステム/リヤビューカメラ*3や、死角に車両がいることを知らせるアウディサイドアシスト、車線内の走行をアシストするアウディアクティブレーンアシスト*4など、さらに安全かつ快適なカーライフをサポートする機能が充実。
MMIナビゲーションシステムやAudiスマートフォンインターフェイス*5のほか、12.3インチモニターにスピードメーターやナビゲーションなど必要な情報を集約して表示するAudiバーチャルコックピット*6など、ドライバーが必要とする情報へのアクセスがより便利になる機能の数々も設定されています。

*1 Audi Q2 1.0TFSI sport、Audi Q2 1.4TFSI cylinder on demand sportに標準装備。Audi Q2 1.0TFSIでは設定がありません。
*2 Audi Q2 1.0 TFSI sport、Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sportに標準装備。Audi Q2 1.0 TFSIにベーシックパッケージとしてセットオプション。
*3 Audi Q2 1.0 TFSI sport、Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sportに標準装備。Audi Q2 1.0 TFSI にコンビニエンスパッケージとしてセットオプション。
*4 約65km/h-250km/hで走行中に使用可能。Audi Q2 1.0TFSI sport、Audi Q2 1.4TFSI cylinder on demand sportにアシスタンスパッケージとしてオプション。 Audi Q2 1.0TFSIには設定がありません。
*5 ナビゲーションパッケージとしてオプション。Audi Q2 1.0 TFSIの場合、ベーシックパッケージの同時選択が必須となります。
*6 Audi Q2 1.0TFSI sport、Audi Q2 1.4TFSI cylinder on demand sportにオプション。Audi Q2 1.0TFSIには設定がありません。ナビゲーションパッケージの同時選択が必須となります。

Audiらしさと新たなデザインコンセプトの融合

複雑な面構成が作り出す斬新なエクステリアデザイン

複雑な面構成が作り出す斬新なエクステリアデザイン

ひと目でAudiとわかるスタイリングでありながら、Audi Q2はこれまでのAudiデザインとは一線を画すポリゴンデザインコンセプトを採用しました。シングルフレームグリルから大きなルーフスポイラーのテールエンドまで、複雑な面の組み合わせで生まれた直線や曲線によって、コンパクトなサイズながら斬新で存在感のあるエクステリアに仕上げました。サイドウィンドウとリヤウィンドウの間に位置するCピラーのブレード*はボディと同色か、あるいはアイスシルバーメタリック、マットチタングレーが用意されており、リヤビューにファッション性とアクセントをもたらします。


* ボディ同色 : Audi Q2 1.0TFSIに標準装備。Audi Q2 1.0TFSI sport、Audi Q2 1.4TFSI cylinder on demand sportにオプション。
* アイスシルバーメタリック : Audi Q2 1.0TFSI sport、Audi Q2 1.4TFSI cylinder on demand sportに標準装備。ボディカラー「フロレットシルバー メタリック」を選択の場合はボディ同色となります。
* マットチタングレー : Audi Q2 1.0TFSI sport、Audi Q2 1.4TFSI cylinder on demand sportにオプション。ボディカラー「グレイシアホワイト メタリック」または「フロレットシルバー メタリック」を選択の場合に装着可能です。

上質でありながら個性的かつアクティブな室内

上質でありながら個性的かつアクティブな室内

Audi Q2に採用された斬新なデザインはエクステリアだけにとどまりません。ダッシュボードには、水平方向に段違いの太いアクセントラインが走る立体的な形状で、鮮やかなコントラストを見せる個性的なデザインを採用。また、エアコンの吹き出し口の下部やドアパネル等に面を強調した造形は、多角形/多面体で構成された外観にも共通するQ2のデザインコンセプトを感じることができます。そして、前後席ともにゆとりのあるヘッドクリアランスとフットエリアが確保された室内は、高い質感を持つとともにアクティブな空間に仕上がっています。